« 音信普通 | トップページ | 自動録画予約は、予約追加を支援する補助機能です。 »

普天間は雲の上の話か?

民主党の山岡賢次国対委員長が失言をした。

失言というのは大概、その人の本心がそのまま出てしまった言葉だ。山岡氏も普天間なんてどうでもいい話なのだと思っているのだろうか。

で、「普天間は雲の上のお話」という発言は、本当にそうだろうか。普天間や辺野古、あるいは沖縄のように、米軍基地の近くに住んでいないと、普天間基地移転問題は関係ないように思うかもしれない。しかし、そもそも何故米軍基地が日本にあるのかを考えた時、これは日本全体の問題だし、意外と国民の生活に近い話ではないかと思える。

「思いやり予算」による出費は、私達の税金から出ている。有事の際に米軍がどこまで当てになるのかという問題もある(実際、むかし防衛上重要な情報を米軍が日本政府に連絡していなかったことがあった)。アメリカの核の傘に守られていると言えば聞こえはいいが、その為に国際社会での発言力が削がれている面もある。外交力が弱ければ、直接国民生活に影響することもある。

米軍が駐留しているということは、ある意味、独立国ではないことを意味していると私は思っている。単純に米軍を追い出せばいいとは思わない。国防の問題がある。しかし、米軍がいるのは仕方がないとあきらめるのは良くないと思う。

私達は、自らの力で国民生活の安全を守るべきだ。いつかは米軍に出て行って欲しい。

« 音信普通 | トップページ | 自動録画予約は、予約追加を支援する補助機能です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この人もloopy・・・一緒に辞めてもらいましょう。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普天間は雲の上の話か?:

« 音信普通 | トップページ | 自動録画予約は、予約追加を支援する補助機能です。 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ