« 2011年の政治―新しい日本の形を | トップページ | 病院の良し悪し »

BBCのコメディ番組で二重被爆者が笑われた話

イギリスBBCのコメディ番組で、広島と長崎の両方で被爆して昨年お亡くなりになられた山口 彊(やまぐち つとむ)さんの話が紹介され、「世界一運の悪い男」として笑いものにされたそうです。

どう思います?

日本大使館の抗議に対して、BBCは謝罪したようですが、その理由が「日本人の感情を傷つけた」というもの。いやいや、それもそうだけれど、倫理的に考えて問題があるでしょう。

原爆や核兵器について、世界の人たちはどう考えているのでしょうね。日本で育つと、広島や長崎に関係なくても、原爆について考える機会があって、いろいろ知っていたりしますが、世界の人はそこまで情報がないし、考える機会がないのでしょう。

できれば、今回の謝罪として、原爆や核兵器をテーマとしたドキュメンタリをBBCが作ってくれないかな。

問題の番組はこちら(YouTube)。

« 2011年の政治―新しい日本の形を | トップページ | 病院の良し悪し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BBCのコメディ番組で二重被爆者が笑われた話:

« 2011年の政治―新しい日本の形を | トップページ | 病院の良し悪し »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ