« BBCのコメディ番組で二重被爆者が笑われた話 | トップページ | 東北関東大震災関連の番組企画で分かったフジテレビの倫理感の無さ »

病院の良し悪し

今日、病院に行った。風邪が治った後、頭痛や胃の不快感が続いているので。

で、後悔した、その病院に行ったことを。
まず、受付で問診表に記入したところ、「インフルエンザの可能性があるので、別の所で待っていてください」と言われた。熱は37℃にすらなったことがなかったので、そういうと「症状と状況(職場にインフルエンザになった人がいた)から考えて、可能性があるので」との事だった。(まぁ、そういうこともあるだろう)と思い、廊下の端、非常口の手前で待たされた。そこで、まず20分。

看護師さんがようやくやって来て、「インフルエンザの検査、しますか?」と聞いてきた。(検査をするからここで待たせたんじゃないの?)と思いながら、折角なので検査をしてもらった。その後、再び待たされた。1時間ほど。検査自体は10分ほどで終わると聞いていたので、他の患者との兼ね合いなのだろう。この時点で、病院に来てから、1時間半が経っていた。

一度、看護師の所に行き、「まだですか?」と聞いたところ、「まだ待っていてください」との事。それから程なくして、その看護師がやってきた。(忘れられていたかな?)と思いつつ、診察室まで案内されて行った。そこで、また待たされる。15分ほど。

やってきたのは、かなり年配の内科医。「お待たせしました」の一言もなく、いきなり「インフルエンザはAもBもマイナスやな」とのこと。AとかBとかの説明もなく、「まぁ、熱もないから、インフルエンザの訳はないな」と。(インフルエンザの疑いを持ったのは、そちらなんですけれどね!)と思いつつも、そのまま診察を受けた。完全に言葉遣いは上から。せめて、「ですます」で話して欲しいところだが、語尾は「やな」。古い医者のタイプ。全ての人間が自分を尊敬すべきだと思っているのでしょう。

結局、2時間ほど費やして、分かったのは風邪が治っていることだけ(ホントか?)。整腸薬を出されて終わりでした。なんて無駄な時間を過ごしたことか。

帰って来てから、この病院の口コミを見ようと検索すると、1件の書き込みを発見。その人の印象はいいらしく、いい内容が書かれていました。で、私も書き込もうかと思ってみると、サイトのルールに「悪い口コミはNG」と。(・・・これじゃぁ、当てにならねぇな)と思いました。

どこかに病院の苦情を訴えられる場所はないんでしょうかね。そういうのがないと、病院が良くなることはないですよね。(その病院には、意見箱みたいなものはなかったし)

« BBCのコメディ番組で二重被爆者が笑われた話 | トップページ | 東北関東大震災関連の番組企画で分かったフジテレビの倫理感の無さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院の良し悪し:

« BBCのコメディ番組で二重被爆者が笑われた話 | トップページ | 東北関東大震災関連の番組企画で分かったフジテレビの倫理感の無さ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ