ゴーイング マイ ホームって、面白いと思うんだけれど・・・

ゴーイング マイ ホームの視聴率が悪いらしいですね。

今日、録りためていたのを一気に(5話までだけれど)観ました。普通に、面白いって思いました。たぶん、他のドラマと違う、坦々とした流れに違和感を感じる人が多いとは思いますが。

最初に見た時から「映画のような映像だな」と思っていました。全体的に白浮きしているような画像ですよね。派手な演出もなく、台詞も呟くような感じのところもあり、そういうのも映画っぽい印象を受けました。そういうの、好きなんですよね。

こういうの、いいなぁって思うんですけれど、やっぱり一般的には面白くないって思われてしまうんでしょうかね?

なが~い映画だと思えば、納得できる?

MIB3、観ました

久しぶりに料金以上の満足感を得られた映画。

やっぱりシナリオが面白くないと、映画は面白くないですよね。

パトレイバーとBASARA

ブログネタ: ドラマ化してほしいマンガはどれ?参加数拍手

思い付いたのは、機動警察パトレイバーと田村由美のBASARA。どちらも難しそうな気がするけれど、CGを駆使して見応えのあるものになれば嬉しい。ま、そこまで予算を取れるとは思えない企画だけれど。

どちらの作品にも言えるのは、原作そのままはやめた方がいいということ。くさい台詞や展開がある(はずだ)から。そのあたりは、アレンジしてしまっていいと思う。奇抜な設定や機械が目を引くけれど、人間ドラマ的要素を重視したシナリオにしてほしい。機動警察パトレイバーでは、押井守がそんな劇場版を作ってくれたけれど、そういうコンセプトのドラマだったら見たいと思う。

特に、BASARAでは立場の違う二人を軸に「正しい」ということのあやふやさを描いているので、面白い。普通のドラマとしても、いいテーマだと思う。普遍的な「正しさ」が見つかるか、考えさせられるドラマになる・・・かも。

また読みたくなってきた。

龍馬伝 評

シナリオが、ひどい。

龍馬の認識は、この段階では上士に対する憎しみしかなかったはず。段階を踏んで、龍馬の成長を描いてほしいのだけれど、どうやらこの脚本家は力不足みたい。

演出がひどい。

広末涼子を起用したのは大失敗なので演出以前の問題だが、他の人は演出の悪さが原因で演技が悪い。セリフの言い回しも、動作もおかしい。不自然な感じがする。

結局、話が面白くない。武田鉄也原作の「お~い!竜馬」を忠実にドラマ化してくれた方が、面白かったと思う。NHKは結局、面白いドラマを作れないのだと感じた。

THE LOST ROOM

WOWOWでやっていたのをたまたま観たんだけれど、最後までちゃんと見られなかったので、とても気になっているアメリカのドラマです。

DVD、出して!

ガリレオ「夢想る」

 毎回文句を書きながら、それでも見ています。なんだかなぁ。一度見始めると、「今回は面白い展開になるんじゃないか」と期待してしまうんですよねぇ…裏切られているけれど。

 今回も、おかしかったですね。話に無理がある。人間関係といい、記憶違いといい、絵描き唄の話といい。原作自体がおかしかったけれど、更にそれを脚本がおかしくしてしまった感じですね。

 で、今回も准教授は何を計算していたのでしょう?もうただの変人ですよ、あれじゃ。

ガリレオ「絞殺る」

 トリックがなんか…下らない。というか、トリックじゃない。
 設定としては面白い話になりそうなのに、なんでこんなにつまらないんだろう…原作が悪いっていうことかな。やっぱりトリックが面白くない。それに、湯川准教授に依頼する必要があるような事件なのかなぁ。「どうしても不可解だから助けてください!」っていう感じじゃないのが、つまらん。どう考えても分からないほどの難解な事件を、解決しないと。で、そこには科学技術を用いた意外なトリックがないと。そういうコンセプトの話じゃないのかい?

 やっぱり湯川准教授の訳の分からん計算シーン、いらないと思う。

 大後寿々花はいいと思う。何となく柴崎より主役の風格があるような。気のせいかな?

ガリレオ「壊死る」

 さて、第4話は「壊死る」(くさる)ですか。
 この1週間のうちに原作を読んだんですが(1冊目だけ)、設定がかなり違うんですね。原作では、ドラマで北村一輝さん演じる草薙が刑事役で、湯川”助”教授と事件を解決していくんです。湯川助教授もかなり協力的で、子供嫌いは一緒なんですが、うーん随分印象が違うなぁ。

 原作と違うと言えば、この「壊死る」もかなり違いますね。共通しているのは殺人方法だけで他の設定はまるっきり違う。ここまで原作を無視してしまうのも、すごいと思いますが…原作でファンになった方々はどう思っていらっしゃるんでしょうか?私なんかはとても不快に思う性格なんですが。

 まぁ、面白かったから、いいや。

映画「HERO」の疑問

 私の勘違いでなければ、映画「HERO」に出てくる城西支部の部屋の間取りが、テレビ版と異なっているんですよね。何で?

ガリレオ「騒霊ぐ」

 うーんと、共振ですか。でも、あのくらいの負荷の変化で、あそこまで共振するものですかねぇ。
 確かに、共振って結構すごいですよ。固有振動に合わせることができたら、意外と小さなエネルギーで物を振動させることができます。そういう実験って面白いのですが、簡単にできるものは思い付きませんねぇ。

 でもねぇ。
 共振だとしても、あんな揺れ方をするものでしょうか?しかも、水流の起こす振動って振動数はひとつじゃないですよね。あのくらいの変化で共振を起こすなら、もっと前から揺れていたはずですよ。ピンポイント過ぎる。

 まぁ、ドラマなんだから、こんな事を言っても仕方ないのですが。ドラマは面白かったですよ。今回の結末は残念だったけれど。

 前から不思議に思っていたのですが、湯川先生がひらめいた時に計算式を書きますよね。どこかで見たような式が並んでいますが(全然覚えていないけれど)、何を計算しているんでしょう?特に今回は何を計算していたんでしょうね。うーん。

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ