第1回 パン作り実験

 日頃、料理すらしない私が、今日、パンを作ってみた。ネット上には様々なパンの作り方が載っているので、これを頼りに。初心者なので一番シンプルなものを、ということで調べていたのだが、意外と「これで行こう」というのが見つからなくて(どれもちょっとしたアレンジがあるのだ)、とりあえずいくつかのレシピを見ながら、我流の手順で作ることになった。

 結果としては、甘みの少ないパンになった。どうやら、1次発酵をやり過ぎたのかな?まぁ、シンプルなパンとしては、いいと思う。出来上がったパンはこんな感じ。

Bread_1st_2

 一応、記録として。

[道具]
 計量器
 ボウル こねる用と湯銭用(一回り大きいもの)
 包丁
 まな板
 ラップ
 クッキングシート(オーブンで焼く時に敷くやつ)
 オーブン

[材料]
強力粉 … 400g 
ぬるま湯 … 250cc 
砂糖 …  大さじ1 
ドライイースト … 小さじ2 
塩 … 小さじ1
バター … 30g

[手順]
1. 強力粉、イースト、砂糖、塩は、ボウルに入れる。
2. バターは小さく分けて、お皿に置いておく。
3. ぬるま湯を一気に加えて、手で手早く混ぜ、こねていく。
4. 生地がまとまってきたら、バターをひとかけらずつ加えて、更にこねる。   
5. 生地の表面がなめらかになり、薄くのばせるようになるまで、こねる。
   目安として、約15分。
6. 生地を丸めて、とじ目を下に綺麗な面を上にして、ボウルの中に置く。
7. 一回り大きいボウルに、湯銭のためのぬるま湯を入れる。
8. 生地を入れたボウルを湯銭のボウルに入れ、全体にラップをかぶせる。
   << 1次発酵 >>
9. 指で押してみて、戻らなくなったらOK。
   生地が約2倍になる。
   目安として、50分~1時間。
10.まな板の上において、包丁で16分割する。
11.きれいに丸めて、まな板の上に置く。
12.固く絞ったふきんをかける
13.5~10分、待つ。
14.生地を一度のばしてガスを抜き、、またきれいに丸める。
15.オーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて置く。
16.全体を包むように、緩やかにラップで覆う。
   << 2次発酵 >>
17.指で押して、戻らなければOK。
   生地が約1.5倍に膨らむ。
   目安として、30分。
18.200度のオーブンで約18分、焼く。

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ